映画「ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を観た(少しネタバレ?)

ケンニチワ!

 

前略、ブッチャーです。もぐもぐ。

 

映画紹介シリーズ第2弾は、若かりしジェイソン=ステイサムのデビュー作、ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズです。

 

f:id:butchersan:20190515104620j:plain

 

このころからすでに、頭髪が後退していらっしゃいますが、デビュー作とは思えない好演ぶりを発揮しています。ハゲているのにカッコいい。

 

男としてはうらやましい限りです。孫正義閣下もおっしゃていました、

 

「髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのだ。」と。

 

コンプレックスを武器にできるってすごい魅力的ですよね。私も母方の祖父がハゲていたので、ゆくゆくはハゲて行く運命にあるかと思いますが、どのみちハゲるならこんなかっこいいハゲになりたいですね。

 

さて、頭皮のお話はこのくらいにして、映画の概要について少し触れたいと思います。

 

“『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(Lock, Stock and Two Smoking Barrels)は1998年イギリス映画である。クライムアクション映画。本国イギリスでは、その年の年間興行成績1位を記録した。

後にガイ・リッチー製作総指揮・脚本で、テレビドラマとしてリメイクされた。『ロック、ストック&フォー・ストールン・フーヴズ』及び『ロック、ストック&スパゲッティ・ソース』の題名で、日本でも入手可能。”(Wikipediaより。)

 

“1998年8月28日にイギリス、1999年3月5日にアメリカで公開された。アメリカでの興行収入の合計は$3,753,929となった

ジョン・ファーガソンRadio Timesで「『長く熱い週末英語版』以来のイギリスのベストクライム・ムービーだ」と評価した。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesでの支持率は76%でMetacriticでは30件のレビューがあり加重平均値は66/100点となった。”(Wikipediaより。)

 

イギリス本国のみならず、アメリカでもかなり人気の高い作品ということが、興行成績やリメイクされた事実から伺い知れます。

 

◆以下、あらすじ◆

 

 舞台はロンドンの下町。窃盗や盗品の横流しなどで生計を立てるエディ、ベーコン、トム、ソープのチンピラ4人組が、カードゲームの天才エディの提案により、有り金10万ポンドを持ち寄り、一獲千金を企み地元マフィアのボス・ハリーが主催するポーカーに参加する。

 

 しかし、ハリーがイカサマを行い、掛け金を50万ポンドまで引き上げられた挙句、敗北してしまう。負債の返済期限は1週間。

 

 一週間以内に50万ポンドをハリーに返済しなければ、指と、エディの父親のバーを失うことになる。

 

 途方に暮れる四人だったが、たまり場であるアパートの隣の部屋から、ギャングが儲け話をしているのを盗み聞きし、その裏をかいて一山当てようと目論むのだが・・・

 

と、ここまでが導入部分のあらすじでございます。

 

少しネタバレになりますが、前回ご紹介いたしましたスリー・ビルボードにつづき、今回の映画も「ボタンの掛け違い」モノでございます。

 

登場人物それぞれの先入観や誤った情報、勘違いやすれ違いから、物語がてんやわんやはちゃめちゃの展開をしていきます。

 

鹿児島弁で言うなら、「ちん、がら」

 

という言葉がぴったり当てはまるのではないでしょうか。

 

クライムサスペンスというより、クライムコメディーと呼んだ方が相応しいかも知れません。

 

アンジャッシュのすれ違いコントにも通じるような笑いです。

 

こう言った皮肉に満ちた笑いのセンスは、嫌いじゃないです。

 

「スリービルボード」や、先ほどウィキ引用で紹介されていた「長く熱い週末」などの作品がハマった方に是非お勧めしたい映画です。

 

◆みどころ◆

・若かりしジェイソン・ステイサムの好演。

 ワルだけどどこかお茶目で憎めないキャラクターを見事演じ切っています。酔っぱらってはしゃいでいるシーンは、最近のクールな演技とは一味違うステイサムが見れて思わず笑みがこぼれました。

 

・どこかお間抜けで憎めない登場人物たち。

 みんな、どこかしら抜けていてアホです。吉本新喜劇を観ている様な気分になります。極悪人が多数登場しますが、どこか憎めないところがある。そこが、この映画が長く愛されている理由の一つなのかもしれません。

 

・映画の主軸が、目に見えていて分かりやすい。

 物語のカギとなるのは、映画のタイトルどおり、二丁の古びた散弾銃です。この散弾銃を軸に、物語が展開していきます。なので、とても分かりやすく、目に見えている分、最後までヤキモキします。

 

今回も、詳しい内容についてはネタバレになるので書きません。

 

本当は、書きたい!ここが面白い!というところを書きたい!

そこを、ぐっっとこらえて、今回はこれで。

 

ほいじゃ、また!

映画「スリー・ビルボード」を観た。ネタバレ無し。

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とマクドナルド、そしてTSUTAYAをこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

映画は映画館で観るより、最近は自宅で観る方が好きです。

 

映画は毎週5本、TSUTAYAでレンタルするので、月に20本ペースで観ています。

 

ジャンルはホラーからラブコメまで様々です。

 

とりあえず気になったものを片っ端から見ていくスタイルを、10年くらい続けております。

 

以前はビデオBIGという店で借りてました。

 

単純計算で年間約240本だとすると、これまでに2400本以上は観たことになります。

 

海外ドラマやアニメ、同じものを何度か借り直したりということもあるので、もしかするとそれより減るかもしれませんが、TSUTAYAの棚端から端までどれもほとんど観たことある映画ばかりなので、気分的には2400本以上は見てるような気がします。

 

今回は、スリー・ビルボードという作品を借りて来ました。

 

f:id:butchersan:20190417235952j:image

 

前から気になってはいたものの、なかなか自分のコンディションが整わずに、手に取れなかった作品です。

 

アクションやホラーなど、何も考えなくても面白い作品は、ストロングスタイルで挑めるのですが、こう言ったドラマ系のものは、鑑賞後1週間くらいメンタルに何かしらの影響を与えるので、気持ちの準備が整ってから借りるようにしております。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本題に入ろうと思います。

 

以下「」、ウィキペディアより抜粋

 

「本作は2017年8月に開催された第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品され、最高賞である金獅子賞こそ逃したものの、マクドナーが脚本賞を受賞するなど高い評価を得た。また、第90回アカデミー賞では作品賞、脚本賞、作曲賞、編集賞など6部門で計7つのノミネートを受け、フランシス・マクドーマンドが主演女優賞をウディ・ハレルソンと共にWノミネートされたサム・ロックウェル助演男優賞を受賞した。」

 

監督・脚本をマーティン・マクドナー、主演をフランシス・マクドーマンドが務めております。

 

マーティン・マクドナーは、イギリスの劇作家から映画監督・脚本家デビューし、大成功を収めた人物です。他の作品もかなり面白いものばかりなので、どれもオススメです。キューブリック作品位ハズレがないです。

 

f:id:butchersan:20190418002109j:image

 

フランシス・マクドーマンドは、俺が大好きなコーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」や、「ファーゴ」にも出演しておりましたので、コーエン好きにはお馴染みの顔ですね。

 

タフな女性の役柄のせいか、どことなく「エイリアン」のシガニー・ウィーバーにも似てる気がします。

 

どうでもいいけど、マクドーマンドを打とうとすると変換候補に何度もマクドナルドが出てくる。

 

コーエン兄弟については、また別記事で紹介しようと思います。

 

さて、この映画を一言で表現するのは、かなり難しい。というのも、作品が扱うテーマが広く、そして根深いからです。

 

それについては、ここではあまり触れませんので、考察・解説ブログなどを参考にして頂けたら幸甚でございます。

 

それでも、強引に一言で言うと、この映画は「あたたかい作品」です。

 

観終わったあと、思わず笑みがこぼれるような、温かく、希望に満ちた作品だと、俺は思いました。

 

<ストーリー>

物語の発端は、数ヶ月前に娘をレイプされ殺された、フランシス・マクドーマンド演じるミルドレッドが、町のはずれにある三つの野立て看板に広告を出す事から始まります。

 

広告の内容は、娘の事件の捜査が全く進展しない事に対する、警察署長ウィロビーへの批判文でした。

 

そして、広告が出された事により、ミルドレッドの周りの人々や町の住人達を巻き込んで、様々な出来事が連鎖的反応的に起こっていきます。

 

 

<見所>

この映画で特に見て欲しいところは、次の3つです。

 

1、ありふれた差別、偏見、レッテル貼り、バイアス、色眼鏡。その蓋を開けてみるとそこに何があるか。

 

2、ミルドレッドと、警察署長ウィロビー、そして部下ディクソン、それぞれのビフォーアフター。演技もさる事ながら。

 

3、人々の間で起こる出来事の連鎖反応。そして、物語の最後の会話にも注目です!

ここがこの映画一番のカタルシスを生みます。

映画はこういう終わり方が一番好きだ!って言う終わり方です。

 

<まとめ>

とにかく、観て欲しい。

観て貰って、語りたい。

そんな映画です。

 

そんな映画が、一番じゃないですか。

 

「映画って、見終わった後だな」とつくづく感じさせられる映画でした。

 

エンディングの余韻のままエンドロールを2〜3分見つめてから、ようやく息が吐けるような、そんな映画が一番好きです。

 

これから観る方の為になるべくネタバレは抑えましたので、観終わった方は教えて下さい!

是非、語りましょう!

 

スリー・ビルボード

 

 

下記のリンクより、予告編が観れます。

Amazon CAPTCHA

 

興味が湧いたって方は是非観てみて下さい!

 

ほいじゃ、また!

亀田の柿の種 辛さ50倍が予想以上に辛かった件

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とマクドナルド、そして辛い物をこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

また、ジャケ買いしてしまいました。

 

亀田の柿の種 辛さ50倍

f:id:butchersan:20190416153814j:plain

 

挑戦者 求ム・・・

 

なんて書かれていたら、買わずにはいられないよね。

 

一応、パッケージ下部の警告文をよく読み、お子様でも、辛味の苦手な方でも無いので、ご遠慮しなくても大丈夫そうです。

 

f:id:butchersan:20190416154246j:plain

 

このパッケージのデザイン、すごく好きだ。

黒と赤と黄色って、インパクトがあるよね。

 

自然界の危険な動植物同様、本能に危険性を訴えてくる配色だ。

命を刈り取る配色をしていらっしゃる。

 

ところで、いつも思うんだが「辛さ○○倍」って、何を基準に決められているのだろう。

単純にスパイスの分量だろうか?

それとも、素材のスコビル値を計算して出しているのだろうか?

 

これまで、「あ、確かに10倍辛いわ!」とか、「なるほど、50倍辛いッ!」なんて事になったためしが無いので、多分、「100倍カッコいい」とかと同じ様なものなんだろう。

 

ちなみに、全く関係ないけどグリコの「一粒300メートル」は、きちんと計算された根拠があるらしい。

 

さておき、中身を取り出してみよう。

f:id:butchersan:20190416154920j:plain

クリームパンじゃなくて、俺の手ね。

なんとなく、パッケージの悪魔っぽい手が左手で柿の種を鷲掴みにしておりましたので、俺も左手で大体同じ位の分量をとってみた。

 

おもむろに、口に放り込んでみます。

 

ん・・・?

 

あれ・・・?

 

全然からくねー!ハハッ!楽勝!

ハハッ!

 

と、ミッキーも顔負けの嘲笑をプカプカ浮かべながら、次から次に口に放り込んでいると、

 

え・・・?

 

痛ッ!

 

なんだこれ、すごく辛いぞ!

 

キタキタキタキタ!後から来た!

キタキタおやじが腰みのをブン投げる位辛さが遅れてやって来た!

 

そう、誰かが言ってた。

「ヒーローはいつも遅れてやってくる」って。

 

それにしても、この遅れはすごい!

ミリオンゴッドだったら確実にGODが揃う位の遅れっぷり。

 

今までで感じたことのない、「あ、全然辛くないや」からの「辛ッ!痛てえ!」のどんでん返し。

 

映画で言ったら、「セブン」とか「ミスト」レベルのトラウマ的な手のひら返し。

 

いつもニコニコしながらエアガン紹介動画を出している、YouTuberのマッ○堺氏が、二ニコニコしながら「それでは、本日は、実際に、紛争地帯で、実銃のM4を撃ってみましょう」なんてライブ動画を出した位の衝撃。

 

亀田の柿の種 辛さ50倍

辛さレベル ★★★★(後から効いてくるボディーブロー的辛さ)

 

あなどるなかれ、警告文は本当だ。

 

 

久々に、辛いものでハイになりました!

色々な意味で衝撃を受けた。

また、辛そうなものを見かけたら、ジャケ買いして挑戦したいと思います!

 

ほいじゃ、また!

近況報告

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とマクドナルド、そして休日をこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

はい、ブログ更新サボってました。

 

はい、すみませんでした。

 

言い訳をすると、仕事やらなんやらで時間に隙がなかったり、体調を崩したり、ピエール瀧がシャングリラされたり、PUBG MOBILEにハマったりで、ブログを書く暇がありませんでした。

 

ブログネタはあったんだけど、ひとつひとつ書いてアップする絶妙なタイミングを逃し続けていました。

 

ブログ更新って、ブラビも言ってたように、寿司と同じで鮮度と言うかタイミングだと思う。

 

時期を過ぎるとなんか、書きたかった事忘れるんだよね。

 

という事で、更新をサボっていた大体ここひと月の間の出来事を、サラッと写真で振り返りたいと思います。

 

アンプ、治りました。

f:id:butchersan:20190408153723j:image

真空管をプリ、パワー管共に交換したら完治致しました。

 

リペア記録する程の修理内容でも無かったので、なんか恥ずかしくて続きを書くにかけませんでしたね。

 

とにかく今後、ライブでガンガン活躍してくれることでしょう。

 

 

なんかオシャレな感じの店に行きました。
f:id:butchersan:20190408153718j:image

おわり。

 

 

ドンキの酒コーナーにぶら下がってる激辛カツを食べました。
f:id:butchersan:20190408153708j:image

うまくも、辛くも無い。

 


アウトローという映画を見ました。
f:id:butchersan:20190408153704j:image

ここ最近では一番面白かった!ユージュアルサスペクツとか、どんでん返し系が好きな方には、強くお勧めします!

 

 

熊本遠征で食べたリーフバーガーがめちゃくちゃうまかった。
f:id:butchersan:20190408153713j:image

見よ、この肉塊。

 

このハンバーガーの中なら、溺死しても良いよね。

 

 

花見もしましたが、がっつり人の顔が写っているのでここにはアップしません。

 

以上、他にもここには書ききれない位色々な事が起こり、3月は全く退屈しませんでしたが、それはまた次の機会に…

 

次回からは普通の記事に戻ります!

 

何だかんだ忙しくなり、以前より更新ペースは落としますが、今後ともよろしくお願い致します。

 

ほいじゃ、また!

 

地獄で天国の扉少し開けた。

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とジャンクフード、そして激辛担々麺をこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

また、コンビニで見つけてしまった。

f:id:butchersan:20190226172430j:plain

 

サッポロ一番カップラーメン、「地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd」 

 

大久保にある有名店のカップラーメンみたいで、かなり期待!

 

なんというか、名前がもう・・・。

ペットショップで子犬に見つめられた時みたいに、

胸がギューッと締め付けられるような気持ちになる。

 

はい、買わずにはいられないよね。辛党のデブは。

 

ええ、買っちゃいました。

刈っちゃいましたという位の速度で、陳列棚からレジ籠にはたき落として、

買っちゃいました。

 

玄関を開けると同時に、お湯を沸かします。

 

f:id:butchersan:20190226174503j:plain

 

お!まるで生めんタイプだ!

かやくの肉量もいい感じ!

 

お湯をかけて5分、スープを入れて完成!

 

f:id:butchersan:20190226174648j:plain

 

レンズがめっちゃ曇るんだがどうしたらよいか。

 

かなり、旨そうだ!

いただきます。

 

f:id:butchersan:20190226174850j:plain

 

!!

これはッ!

 

う゛っま!

 

辛さと旨さのバランスが絶妙!

辛さ的には、口がヒリヒリ、額に少し汗がにじむ程度。

スナックで例えると、魔王ジョロキア位。

地獄で言ったら、別府温泉くらいのちょうどよさ。

 

だが、とにかく、

すりゴマの濃度が戦闘時のミノフスキー粒子くらい濃い!

まるで生めんタイプの麺と絡んで、辛味の海で意思疎通し合ってる。

こんなニュータイプカップめんは初めてだ!

 

麺はS級バックラーかよってレベルですぐに無くなってしまったけど、

その後に白飯を投入!

辛味が薄まってしまったが、これはこれでうまい!

 

ニュータイプ・・・、辛味の赤・・・、来るのが遅すぎた白・・・。

まて・・・。こ、これって、

 

シャアをいじめる悪い人だ!

 

こんなところで、ガンダムの名シーンが再現されるとは!

 

地獄というほど地獄じゃなかったけど、

辛味の中で素晴らしい体験が出来た。

 

ああ・・・アムロ・・・時が見える。

 

天国の扉少し開けた。

 

俺たちデブは、ハンバーガー食って命揺らしたいんだ。

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とマクドナルドをこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

早速ですが、また始まりましたね。

f:id:butchersan:20190218232923j:image

 

 

マクドナルド恒例のバトル商法、2月はチキンタツタとチキンタレタ。

 

ええ、買いましたよ、もちろん。

両方とも。

f:id:butchersan:20190218233048j:image

 

見た目ほとんど同じだから、チキンタレタだけ撮影。

こんな感じ。

f:id:butchersan:20190218233340j:image

 

美味そう。

 

これ書いている時点では食べ終わってるから、正しくは、美味かった。

 

美味かった。いや、美味いんだけども。

 

確かに、このチキンタツタとタレタ専用のフワフワもっちりのバンズも、カリカリの竜田揚げも、甘い(辛くは無い)コチジャンソースも、どれも美味いんだよ。

 

だがな、一つ言わせてくれ。

俺たちデブがマクドナルドに求めているのはコレジャナイんだよ。

 

この状況を例えるなら、ホ●ダが高級セダン作って売ってる感じ。(…ホ●ダの高級セダンに乗られてる方はスミマセン。)

 

こういう高級志向的なバーガーは、もうモ●バーガーに任せて、マクドナルドにはジャンク路線を突っ走って欲しいんだよ。

 

ただひたすら肉が重なってるとか、チーズがドロドロ流れ出て油ギットギトで、これでもかと言わんばかりに塩が振ってあったり、やっつけ仕事みたいにケチャップがバスっとブチまけられてたり…

 

俺たちデブが愛するマクドナルドは、いつだってそうあって欲しいんだ。

 

もっと体に悪そうであって欲しいんだ。

 

タップリキャベツなんていらないんだ。

 

美味いものは、体に悪いんだよ。

 

食べ過ぎたら体を壊すくらいにリスキーじゃ無いとダメなんだ。

 

俺たちデブは、ハンバーガー食って命を揺らしたいんだ。

 

カロリーメーターのレッドゾーンをぶっちぎって、死神とダンス踊りたいんだ。

 

だから、敬愛するマクドナルドの商品開発部の方々、もっともっとジャンキーでアンヘルシーなデブ向けのバーガーを、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

俺は365日のうち120日はマクドナルドのハンバーガーを食べて暮らしています。

必ずポテトとコーラをセットで頼みます。

きっとそんなデブが全国には沢山いらっしゃると思います。

そのデブ達の想いを代表して、お願い申し上げます。ギガビッグマックや、白星ダブダブチなどの素晴らしい商品たちをもっともっと食べさせてください。

 

かしこみかしこみ申す。

 

 

 

淡々と担々麺の食レポ

ケンニチワ!

 

レッチリとレイジアゲインストザマシーン、スケボー(初心者です)とジャンクフード、そして激辛担々麺をこよなく愛する鹿児島のバンド「F.O.G」ギター担当のブッチャーです。

 

鹿児島の担々麺と言えば、やはり与次郎の

満正苑。

f:id:butchersan:20190219003150j:image

大人気の担々湯麺は、

辛さが選べて、

普通

中辛

激辛

スーパー

の順に辛くなっていきます。

 

全部食ったことあるけど、普通と中辛は全然辛く有りません(辛さ耐性スキル所持時)。

 

スーパーは辛いです。ただ、食べられない辛さでは有りません。普通に食えます。しかし、翌日ケツが痛くなります。

 

今回はF.O.Gのラッパー酔虎と食べに来た。

f:id:butchersan:20190219005430j:image

左から二番目の帽子被ってる奴。

 

酔虎は中辛、俺はチキって明日のケツの心配をして、激辛に留める事にした。

 

頼んで5分くらいですぐ到着!早っ!

f:id:butchersan:20190219001438j:image

おお!う、うまそう!

 

スープを一口…うまい!

辛い!コレコレ!

 

この絶妙なバランス!

チキって激辛にして大正解だった。

 

スパイスの痺れる感じや、口に拡がる辛さと味とのバランスは、激辛が至高だ。鼻から抜ける胡麻と唐辛子の香りの絶妙なバランスはこの激辛しか味わえない。

 

正直、スーパーになってくると辛さとの戦いで味がどうでも良くなる。

 

うめぇ、うめぇと言いながら、完食!

f:id:butchersan:20190219002910j:image

 

ごちそうさまでがざんした!

 

いやぁー、マジで美味いなぁ。

担々麺で満正苑より美味いところ食った事無いぞ。

 

今回チャーハンも頼んだんだけど、

チャーハンも何というか、他の中華料理店とは全く違うベクトルで戦ってる。

 

キャッチコピーつけるなら…

 

満正苑のチャーハンは、サラサラのパラパラじゃない。

ゴロッとベチョッとしてる。

 

でも、美味い。

 

 

土曜の昼に母ちゃんが余り物で作ったチャーハンの味。

 

吉本新喜劇を観ながら、みんなで食べたあの味。

 

何とも郷愁を誘うべっちょりチャーハン。

 

コレが美味いと感じるのは思い出補正なのか…?

 

 

 

あと、ザーサイも美味い!

 

ザーサイって何だろう?

 

今まで何なのか知らずに食べてたけど、酔虎に聞かれたので調べてみた。

 

「ザーサイ、ザーツァイ(搾菜、学名:Brassica juncea Var. tumida、中国語表記:榨菜、ジャーツァイ、zhàcài)とはアブラナ科アブラナ属の越年草。また、それから作られる中国の代表的な漬物のこと。」(Wikipediaより)

 

ザーサイって料理名だと思っていた…。

ザーサイと言う植物なのか。勉強になった。

 

 

関係ないけど、酔虎は最近バイオハザードにハマりすぎてテレビを大きくしたらしい。

 

今度は激辛繋がりで、ラーメンたんぽぽを攻めようと思う。

 

「からい

       うま」

日記はそこで終わっている。

 

というオチにならないように、チャレンジに挑戦するかどうかはコンディションと相談して決めます。

 

今日の一言。

メヘエエエデエエエエ
にくにく たべたべ たべたひいいよおお